コレは知るべし!紫外線が多くなるこの時期 活性酸素と戦うスカベンジャー

シェアする

活性酸素とは?

私たちが生きていくために酸素は必要不可欠なものです。

この酸素が、ふとしたことがきっかけで「活性酸素」に変わってしまうみたいです。

この「活性酸素」、実は老化現象の原因では?と言われているみたいです。

簡単に言うと、身体を酸化・錆びさせるものです。

活性酸素が発生すると、しみやたるみという老化現象はもちろん、肥満、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、ガンといった生活習慣病を引き起こす可能性があります。

どんな時に活性酸素は過剰発生するのか?

  • 激しい運動をした時
  • 細菌やウィルスに感染した時
  • 強いストレス状態にある、その状態が続いている時
  • 紫外線や排気ガスなど大気汚染にさらされている時
  • 食品添加物を摂取
  • ダイオキシン、電磁波などの環境要因
  • 喫煙など

活性酸素に立ち向かう‟スカベンジャー”

「スカベンジャー」 あまり聞いたことがない言葉ですが、抗酸化物質のことです。

体の中で作られる酵素の一種。活性酸素と結びついて害の少ない物質に変化させるという働きがあります。

でも、20代をピークに体内で作る能力が低下します。

そこで、スカベンジャーの役目を果たしてくれる食べ物があります。

それは?・・・・・・

活性酸素を退治する食べ物

・ビタミンC

レモン、いちごなどの果物、緑黄色野菜などに多く含まれます。

・ビタミンE

 

ごま、うなぎ、ピーナッツなどに多く含まれます。

・亜鉛

牡蠣、牛肉などに多く含まれます。

・セレン

いわしの丸干し、シラス干し、小麦胚芽などに多く含まれます。

・プロアントシア二ジン

赤ワインにたっぷり含まれます。

・カロテロイド

緑黄色野菜に多く含まれる色素成分で、トマトに多く含まれるリコピンは特に抗酸化力が強いことで注目されています。

・カテキン

緑茶に多く含まれています。最近では、特に脳内で発生した活性酸素を抑える働きがあるといわれています。

驚愕!恐ろしい活性酸素を抑制する「あのジュース」の秘密

高脂質の食事によって、皆さんが恐れている事は、ずばり“太る事”だと思いますが、体型は頑張れば戻せます。それよりも、もっと恐ろしい事があるんです。

それは、“酸化ストレス”。高脂質な食事は活性酸素を発生させ、“酸化ストレス”の原因となるんです。

“酸化ストレス”にはズバリ ‟オレンジジュース” が良いんです。

オレンジジュースといっても、一回濃縮されて、冷凍されたオレンジジュースではなく、あくまでも、ストレートのオレンジジュースに効果があります。

また、食事と一緒に摂取する事がポイントです。

生活習慣も見直しましょう!

タバコを控える

タバコの煙には活性酸素や、その発生を助長する有害物質が数多く含まれています。血液中に入ると、動脈硬化の原因となる酸化LDLをつくる原因ともなります。

アルコールをとり過ぎない

肝臓がアルコールを分解するときにも、活性酸素が発生します。飲む量の多い人、アルコールに弱い人は、とくに注意が必要です。

軽めの運動をする

激しい運動をすると呼吸量が急増し、活性酸素の発生を促します。反対にウォーキングや水中歩行程度の軽めの運動は、抗酸化酵素の働きを高め、体の酸化を抑えます。

ストレスをためない

ストレスを受けると一時的に血液の流れが悪くなり、これが元に戻るときに活性酸素が発生します。これを繰り返すことで、酸化が促進されます。

紫外線をさける

紫外線に当たると、皮膚細胞でも活性酸素が生成され、シミやシワの原因となります。男性でも外出時は帽子をかぶる、日光に長時間当たらないなどの紫外線対策が必要です。

スポンサーリンク