富士の裾野に広がるピンク色のジュータン!駿河湾の恵み桜エビ

シェアする

皆様 今日もビンビンですか?

今回は‟桜エビ”についてまとめてみました。

透き通る桜色が目にも美しい桜エビは、「海の宝石」とも言われ、世界的にも静岡県の駿河湾でしか水揚げされない希少なエビです。

漁が行われるこの時期、期間限定で富士山の裾野は何とも美しい光景が広がります。

この桜エビは、 栄養価が高く、頭からまるごと摂取できるため、健康に関する様々な効果が期待できます。

スポンサーリンク

~桜エビの基礎知識~

「桜エビ」とは、主に静岡県駿河湾の河口沿岸に生息する深海性のエビのことです。
桜エビは夏に産卵し、1年でその一生を終えます。

漁は春と秋に行なわれ、春漁は3月下旬~6月上旬、秋漁は10月下旬~12月下旬まで行なわれます。

明るい昼間や月夜は水深200~300mの場所で生息し、闇夜になると餌となる動物プランクトンを追って水深30~60mの場所まで浮上し、群れをなします。

桜エビ漁は、闇夜に群れが浮上するのを狙って行なわれます。

~健康効果~

動脈硬化を予防

桜エビには、血中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する「タウリン」が豊富に含まれています。

桜エビの赤い色素である「アスタキサンチン」には、抗酸化力があると言われており、動脈硬化や老化の予防などに効果があります。

骨粗しょう症を予防

桜エビの殻や尾には、カルシウムがたっぷりと含まれています。また、桜エビには銅が多く含まれており、この銅には骨を形成する要素のひとつであるコラーゲンを生成する働きがあります。

血液サラサラ

桜エビには、血液をサラサラにして流れを良くする「EPA(エイコサペンタエン酸)」、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が多く含まれています。

また、EPAとDHAには、脳血栓症の予防やコレステロール値の低下にも効果があると言われています。

便秘を予防

殻には、動物性の食物繊維「キチン」が含まれています。キチンには、ビフィズス菌を増やして腸内環境を良くする働きや、便通を促す働きがあります。

その他にも、コレステロール値を下げる、血圧を下げる、免疫力を高めるなど、様々な健康効果があると言われています。

~食べ方~

桜エビは生きている間は透明、水揚げ後しばらくすると、桜の様なピンク色に染まります。

生で食べる

桜エビの水揚げの時期は春と秋ですが、冷凍技術の進歩で一年中、生の桜エビが食べられるようになりました。
生のままわさびや生姜醤油で食べるのはもちろん、酢醤油やレモン、大根おろしで和えてもおいしく食べることができます。

ヒゲを簡単に取る方法

生のまま食べる場合など、桜エビのヒゲが気になるときには、水をはったボウルに桜エビを入れて箸でかき回すと、簡単にヒゲを取ることができます。
ただし、桜エビのヒゲには、ガン予防に有効な成分が含まれているため、できるだけヒゲを取り除かずに食べるようにしましょう。

釜揚げ

生の桜エビを熱湯でさっと塩ゆでした物を「釜揚げ」と言い、コクのある味わいが特徴です。大根おろしを和えて食べる他、サラダや茶碗蒸し、炊き込みご飯の具にするのもおすすめです。

素干し

「素干し」とは、新鮮な生の桜エビを天日で干した物のことを言います。生や釜揚げのものと比べて味が濃く、色合いが美しいのが特徴です。
かき揚げにして食べる他、焼きそばやお好み焼き、ちらし寿司・チャーハンの具として使うと風味が増して、より一層おいしく食べられます。

煮干し

「煮干し」とは、釜揚げした桜エビを、さらに天日で干したもので、適度に歯ごたえがあるのが特徴です。
揚げ物やお好み焼きの具として使う他、さっと水洗いしてからぬるま湯に浸し、だし汁として利用するのもおすすめです。
このとき、戻した桜エビは、炒め物や煮付けなどに使うことができます。

相性の良い食材

柑橘類・お酢
桜エビには、カルシウム・銅・マグネシウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。
ミネラルの吸収を促進する働きがある「クエン酸」と組み合わせると、効果的に摂取することができます。
生の桜エビやかき揚げに、レモンなどの柑橘類をギュッと搾ったり、三杯酢やちらし寿司にしてお酢と合わせると良いでしょう。
青菜・レバー・あさり
桜エビには、赤血球中のヘモグロビンの合成を助け、鉄分を吸収しやすくする働きがある「銅」が豊富に含まれています。
貧血が気になる方は、青菜やレバー・あさりなど、鉄分を多く含む食品と組み合わせて、日ごろの食生活に取り入れると良いでしょう。

桜えびのおいしい食べ方紹介します

・水菜と桜えびのお浸し

材料  (4人分)

水菜250g

桜えび(乾燥)1g

削り節1g

(A)

・水大さじ4

・しょうゆ大さじ1

作り方

1、水菜は熱湯でサッとゆでて水気を絞り、4~5cmの長さに切ります。

2、(1)の水菜に桜えび、削り節を混ぜ、(A)で和えます。

・葱の青い部分と桜えびのトースト

材料 (1枚分)

食パン         1枚(写真:8枚切り)
長葱の青い部分     微塵(小口)切り大匙1~2(お好み)
干し(桜)海老     指で軽く一掴み(お好み)
マーガリン   )   約小匙1.5(お好み)
マヨネーズ       約大匙1(お好み)
粗引き胡椒       お好み