美肌には必須!サラダにクルミやアーモンドを加えると「夏の紫外線に負けずに美肌を保てる!」って知っていました?

シェアする

皆様 今日もビンビンですか?

いつもの年より暑い毎日。夏は開放的な気分にさせてくれる一方、日差しが強く、お肌には厳しい季節です。

夏の間、紫外線に負けず、美肌を保つには、どんなものを食べればいいのでしょうか?

cafeglobe編集部で紹介されていましたので、まとめてみました。

スポンサーリンク

~ベータカロチン~

ベータカロチンといえばニンジンが代表的な食べ物ですが、ニンジンを食べると肌の色が健康的に色づきます。

これは、ニンジンに含まれるベータカロチンがメラニン合成に作用することと関係します。このように肌の色がほんのり濃くなっても、もちろん、日焼けしないわけではありませんが、紫外線から肌を守る助けにはなるのです。

β-カロチンは、活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、がんや老化防止に効果があります。

β-カロチンは脂溶性なので、油で調理すると、吸収率が高まります

今の季節の果物だと、あんずやパッションフルーツ、すいか、マンゴー。また野菜ではしそやモロヘイヤ、人参、パセリ、ベータカロチン豊富なものをたっぷり食べるのが、お肌のためにも正解です。

~ビタミン各種~

過剰な日光は、皮膚の細胞にダメージを与え、老化を促します。それを防ぐためには、抗酸化作用のある食品を口にするのがベスト。抗酸化作用とは、一言でいえば、身体の錆びを呼ぶ活性酸素を抑える作用のことです。代表的な食べ物はバナナ

バナナは、フルーツの中でも多くのビタミンB群ポリフェノールが含まれている食品で、しかもそれらを効率よく摂取できるすぐれものなのです。

手軽に食べることができて、価格も安くどこでも手に入るバナナこそ、まさに天然のサプリメント。夏の紫外線を気にする女性にとって、頼れる存在と言えそうですね。

またアボカドにはビタミンCが豊富に含まれ、美白作用でシミを予防する働きがあります。そのうえ、肌の弾力・ハリをアップさせ、若々しい美肌を保つ効果が期待できます。また、ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、細胞の老化やシワを予防する働きがあります。

また他にビタミンCを多く含む食べ物は、野菜ならパプリカ、パセリ、キャベツ。果物なら、カシス、キウィ、オレンジなどが一押しです。また、ビタミンCは熱に弱いので、生で食べたほうが、身体に取り込めます。

ビタミンEの抗酸化作用も忘れられません。幸い、この季節に食べたくなるサラダのドレッシングに使われる油などで摂ることができます。また、肌を良質に保つのに必要なビタミンB2とB6も積極的に摂りましょう。

~抗酸化作用を持つビタミン以外の成分~

セレニウム亜鉛ポリフェノールなどのミネラル成分も、もちろん、細胞の老化を防いでくれます。

最もおすすめなのは、鰹節やアンコウ肝、生タラコ、クロマグロなどです。

ミネラルの美容の関係をみていくと、老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化作用がセレニウムにあるとされています。
活性酸素は、しわやシミなどの肌の老化の原因にもなります。
年を重ねるにつれて、もともと体に備わっている抗酸化物質が減少してくるので、アンチエイジングのためにぜひ摂取したいミネラルです。

亜鉛はカキ、ビーフジャーキー、煮干しに多く含まれます。

亜鉛には、メラニンの代謝を促進する効果があります。
メラニンは紫外線を吸収する働きがありますが、ターンオーバーにより排出されれば、シミをつくることはありません。
メラニン代謝を促進し、新しい細胞を生成するのに必要な栄養素が亜鉛なのです。

また季節のレッドベリーもポリフェノールを多く含む果物です。

~オメガ3~

オメガ3食品

視力、神経システム、心臓血管システムの正常な機能に必要不可欠な不飽和脂肪酸。

その中でもオメガ3は、細胞構造自体にも作用する大切な成分です。代表的な食べ物はサバ、イワシ、サンマ、アンチョビ、ブリ、サケ、マグロなどの青魚です。

など

肌の生まれ変わりには、マグロ、鮭、サバ、イワシなどの脂肪や、クルミを代表するナッツ類を食べるのがおすすめということですね。

omega3foods02〜20140412

その他、野菜類ではカリフラワー芽キャベツも含有量が比較的多めです。

~水分~

夏は特に水分補給が基本。果物や野菜、また飲料からの補給が大切です。水分が足りないと、細胞は変形し、しわができやすくなります。

効果的な水分補給のポイント

  • 1日の目安・・・1.5~2リットル
  • 温度・・・・・・常温
  • 飲み方・・・・・コップ1杯を1日に6~8回に分けて飲む

また、血行促進効果が期待できる炭酸水も◎!
二酸化炭素の刺激で代謝もアップし冷え性改善に、食事中に飲めばダイエットにも効果が望めそう。

こうして見てくると、季節の果物のフルーツサラダは、美味しい上に、肌にとても良いとわかります。白桃と黄桃で迷ったら、黄桃を選んだほうがいいように、ベータカロチンを摂るためにも、色の濃い果物を2、3加えるようにしたいものです。

また、夏欲しくなるサラダは、肌も欲しいと思っている成分がたっぷり。できれば、トッピング感覚で、砕いたクルミやアーモンドを加えると、オメガ3やビタミンB2, B6の補給にも役立ちます。

また、細く切った赤ピーマンをスティックサラダで食べたり、グリーンサラダに加えたりするのもおすすめです。

夏バテ予防にもなりそうな、これらの食材。上手に取り入れて、夏の紫外線に負けない肌と体力作りをしたいものですね。