1日20~25粒!アーモンドを食べるとダイエットできる理由とは?

シェアする

皆様 今日もビンビンですか?

夏真っ盛りの今、中年太りに気にしないと思いつつ、やっぱり鏡の前に立つと気になってしまう‟ボディライン”。

夏で薄着だから一層目立ちますよねぇ(涙)

「ダイエットしなくちゃ!」と思いつつも、忙しいことを理由につい自分を甘やかしてしまっている人も多いのではないでしょうか? それに、ハードなことはしたくない!

そこで、怠け者でも大丈夫!食べるだけで簡単に美容効果とダイエット効果が得られる食べ物を紹介します。

スポンサーリンク

‟ナッツで美と健康を手に入れよう!”

セレブたちの間でも流行っているのですでに知られている「ナッツ美容」。

「ナッツ美容」はアンチエイジングをはじめとした美容効果、ダイエット効果、そして心臓病のリスクの軽減が期待できると慶応義塾大学医学部教授の井上浩義教授は提唱しています。

ナッツの健康効果3つ

1、血糖値を下げて食欲をコントロール

米やパンなど糖質の多い食事を摂ると、食後に血糖値は急上昇し、体脂肪として体内にどんどん貯めこまれてしまいます。

オーストラリアと米国の大学の共同研究では、「ナッツ類である、アーモンドを間食で食べると、血糖値の上昇度合いを抑えてくれる」ことが分かっています。

アーモンドを食べると空腹感がおさえられ、食べる量も減らすことができるんです。

2、メタボ・肥満の危険度を低下させる

日本と米国では、メタボの診断基準は腹囲が違うだけで、その他の数値は、同じ基準が用いられているので、日本人にも当てはまる結果だといえます。

さらに、ナッツを多く食べている人は、肥満になる危険度が約半分になるということも分かりました。

ナッツを食べることで、健康を維持しつつ、ダイエット効果も期待できちゃいますね♪

3、アルコールの分解を促進

ナッツには、アルコールの分解を促進してくれる、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンEが含まれているので、お酒のおつまみにピッタリですネ!

お酒とナッツ

お酒のおつまみをナッツにすれば、ナッツが血糖値の上昇度合いを抑えてくれて、さらに体内に脂肪を溜め込む量も減らしてくれるので、太りにくくなるのだそうです。

さらに、ナッツは噛みごたえがあるので、お酒を飲むペースもゆっくりになります。
お酒のお供には、ぜひナッツをオススメします♪

スーパー食材ナッツでダイエット効果をさらにアップ!

「ナッツ美容」とは、1日25グラムのナッツを食べるだけ、という簡単で手軽な方法。25グラムは、片手およそ1盛り分で約160キロカロリー食事は通常通り摂取して大丈夫なので、これならストレスなく続けられそうですよね。

もっともダイエット効果が期待できるのは、アーモンド。

ナッツの種類としては、ピスタチオ、アーモンド、カシューナッツ、くるみ、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツがあります。

ナッツには、良質な脂質(オレイン酸など)、ビタミンE、ビタミンB2、マグネシウム、鉄分、食物繊維が主な栄養素としてあげられ、とくに、アーモンドは心臓病やガンのリスク軽減、動脈硬化の予防、アンチエイジング、骨密度強化、体重減量などさまざまな効果が期待できると言われています。

アーモンドは、善玉コレステロールを変化させずに、悪玉コレステロールを減らす効果があり、ダイエットにも最適。ある治験では、毎日25g(25粒)のアーモンドを摂取しただけで、6か月後には3キロ体重が減少したという結果も

アーモンドととも注目なのが、アンチエイジングに抜群のくるみ

くるみは、オメガ3脂肪酸によるアンチエイジング効果、さらに、ナッツの中でもポリフェノールを多く含んでいるので抗酸化力も強く、紫外線などによる髪や肌へのダメージの回復が期待できると言われます。

また、子どもの成長を助ける亜鉛、赤血球の形成を助ける葉酸も豊富なので、妊婦さんや子どもさんにおすすめです。

今までにも、いろいろな美容法やダイエット方法がありますが、食べながら痩せて、きれいになれる「ナッツ美容」。身近なものにこんなパワーがあったなんて。これなら今日から、さっそく取入れることができますね。

実はすごいアーモンド!

アーモンドは美容の強力な味方♪

アーモンドは美容の強力な味方♪

「ニキビができる」「カロリーが高い」…そんなイメージのあるアーモンドですが、実はデトックス効果から若返り効果まで、アーモンドには素晴らしい効能がいっぱいです。 

アーモンドの栄養素

アーモンドの代表的な栄養素「ビタミンE」

アーモンド100gあたり含まれるビタミンEは31.0mgで、ちなみにピーナッツは10.1mgです。ビタミンEは、活性酸素による細胞の酸化を
防ぐ抗酸化作用があり、この作用により老化のスピードを抑え、さらにはガンや生活習慣病の予防効果も期待される大変貴重な栄養素です。

多くの「オレイン酸」を含んでいる

アーモンドの脂質の約70%がオレイン酸でできています。オレイン酸は不飽和脂肪酸であり、脂質といっても通常の油と違って体内で酸化しにくく、かつ善玉コレステロールを維持したまま、悪玉コレステロールだけを制御する働きがあります。

「ミネラル」のバランスが良い!

硬水のミネラルウォーター並みにミネラルをバランスよく含んでいます。

アーモンドに含まれるミネラル

•カルシウム
•鉄
•リン
•カリウム
•マグネシウム
•亜鉛

ミネラルは代謝、生理作用にも影響を与える大切な成分ですので、健康維持には欠かせません。
さらに女性に不足しがちなカルシウムや鉄分が手軽に補給できるところも嬉しい効能です。

アーモンドのすごい効果

抗酸化作用で老化防止・若返り効果

老化の原因物質AGEsとは誰もがもっている老化原因物質。
年齢とともに増加し、血管をもろくしたり、肌のたるみ、しわなどを引き起こすといわれます。

食物繊維で便秘解消

アーモンドの食物繊維はゴボウの2倍、さつまいもの4倍。

血液をサラサラにする効果

アーモンドに含まれるオレイン酸・リノール酸によって、血液中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあり、血液をサラサラにする効果があります。そのため、動脈硬化を予防する効果、心疾患などのリスクを低くする効果があります。

デトックス効果

豊富な不溶性食物繊維で腸内環境を整え、有害物質や余分な脂肪を抑制、排出します。

リバウンドが少ないダイエットが可能

 ハーバード大学の研究で、アーモンドを使ったダイエットで体重の減少だけでなく、リバウンドが少ないダイエットが可能であることがわかったのです。研究結果によれば、1日の摂取カロリーを男性1500kcal、女性1200kcalに抑えたダイエットを6ヶ月行ったところ、低脂肪の食事を行っていたグループよりも、アーモンドやオリーブオイルなどで不飽和脂肪酸を摂取したグループの方が、効果的な体重減少が見られ、さらにリバウンドもダイエット後12ヶ月見られなかったということです。
 

アーモンドの食べ方のポイント

保管は缶か瓶で!

酸化してしまっていたら効果は薄くなるので、密閉された缶や瓶に入れて保管する。

選び方は殻つきで生のもの!

殻つきのものを買って、できればローストなしで生で食べるのがよい。
生の方が栄養素は高いです。

薄皮ごと食べる!

 アーモンドの種皮には抗酸化成分のフラボノイド類(ポリフェノールの1種)が含まれているので、皮ごと食べた方が良いとのこと。
いかがでしたでしょうか?
1日20~25粒のアーモンド。または25gのナッツ。
ナッツは、手軽に買うことも持ち歩くこともできます。
おやつとして、お酒のお供として、今日からぜひ食べてみてくださいね♪