今が旬の梨!低カロリーで美肌にも二日酔いの予防にもいいらしい!

シェアする

皆様 今日もビンビンですか?

今が旬の「梨」。水分が多くジューシーで美味しい果物ですね。

この梨をお酒を飲む前に食べておくと二日酔いのダメージを軽くしてくれるそうなんです。

‟マカロニ” の記事から紹介します。

果物を食べる時間は「食事の前」!
酵素がたっぷりの果物を「食後に食べています」という方、せっかくの酵素がムダになっています。果物の酵素を効果的に取り入れるために、もっとも効果的な食べる時間は “食事の前”。具体的には、果物を食べる時間は「食前(食事の30分前)」や「食間(食事と食事の間)」が効果的です。
なぜ食前や食間が効果的?
ではなぜ、果物は食前や食間が効果的なのでしょう? ごはんを食べると、2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、果物はわずか30分の時間で腸に届きます

なぜなら、果物にはたっぷりの酵素が含まれているから。

そして腸にとどいた酵素は、お腹の状態を整えてくれたり、これから入ってくる食べ物をしっかりと分解・吸収してくれます。食べた果物に含まれる酵素が食事の消化吸収をしてくれれば、体内にある酵素は疲労回復などの新陳代謝に使えます。おかげで、疲れもとれるし、ダイエットにも期待できますね。

でも、食後の時間に果物を食べると、前を行くごはんやおかずにジャマされて、胃で立ち往生。なので、果物は「食前」か「食間」に食べるのがおすすめです。

そして、大切なことがもうひとつ。 せっかくの酵素たっぷりの果物を効果的な時間に食べても、筋肉がかたい状態ではじゅうぶんに吸収されず、全身にも行き渡らないのです。

果物に含まれる酵素はもちろんのこと、栄養素を運ぶのは血液の役目。その血液が流れているのは筋肉の中なので、筋肉がかたいと流れが悪くなってせっかくの酵素もじゅうぶんに活かされません。

そこで、筋肉をしっかりとほぐして酵素をじゅうぶんに吸収して、疲労を回復、代謝を促進するための方法を紹介します。参考になさってください。

通勤ラッシュ、猛暑、花粉、運動不足、睡眠不足、不規則な食生活、パソコン、エアコン、シャワーの生活・・・。 ストレスが多くて交感神経ばかりが優位になって、体の回復が追いつきません。 ると・・・  これでは、疲労や不調が消えないのも無理ありません。「疲れるようなことをしていないのに・・・」というのも、ストレスによる緊張が原因で、疲労や不調を感じているのです。

スポンサーリンク

和梨の主な栄養・効果

梨の成分は約90%が水分で、ショ糖、果糖、リンゴ酸、酒石酸、クエン酸、食物繊維、消化酵素、カリウム、鉄分、アスパラギン酸を含んでいます。
水分が多いため100g中43kcalとカロリーは果物の中では低カロリーの部類に入ります。りんごや柿よりもカロリーが低いので、ダイエット中のおやつやデザートにも使えそうですね。
【疲労回復に】
梨の成分で注目したいのはアミノ酸の一つであるアスパラギン酸
アスパラギン酸は筋肉や内臓のもととなるたんぱく質の合成に必要な物質で、細胞内で不足したミネラルを取り入れバランスを取り戻すことでエネルギー代謝の促進したり、スタミナ増強に有効な成分とされています。
梨に含まれているリンゴ酸やクエン酸と相乗して疲労回復や夏バテ解消にも有効です。
梨には消化促進作用があるとされるポリフェノールの一種タンニンや、タンパク質分解酵素フィシンが含まれていますから、疲れて消化機能が低下してしまった胃をサポートして体力を取り戻すのに役立ってくれるでしょう。
【解熱・二日酔いに】
梨は漢方や薬膳で解熱効果のある食材とされています。科学的に見てもカリウムが多く、カテキンなど梨に含まれる他の成分と合わせて高い利尿効果が期待でき、火照った体の熱を冷まし熱を下げてくれると考えられます。
梨に含まれている糖アルコールの一種であるソルビトールという成分にも咳止めや解熱効果もあると言われています。
またタンニンにはアルコール排出を促す作用もありますので、水分含有量の多さやカリウムと合わせて二日酔いの解消にも役立つと考えられます。
【便秘・むくみ解消に】
梨に含まれている糖アルコールの一種ソルビトールは吸水作用によって便を柔らかくし腸の蠕動活動を活発にしてくれます。ソルビトール以外にも梨のシャキシャキ・ザラザラ感の元である石細胞(リグニンやペントザン)は食物繊維と同じような働きをしてくれますからこちらも腸を綺麗して便秘の解消に役立ってくれます。
食物繊維を摂っても水分が少ないと便が固まってしまう可能性がありますが、水分の多い梨なら水分補給にもなりますので安心ですね。
梨はカリウムが豊富ですので余分な塩分を排出して顔や体のむくみを解消してくれる効果も期待出来ます。
またアスパラギン酸にも塩分やアンモニアを体内に排出する働きがあり、アルブチンやカテキンなど利尿作用のある成分も含みますから、カリウムと相乗してむくみの解消にも高い効果が期待出来ます。
【美肌効果】
果物の中ではビタミンCが少なく、カロテンなど果物に多い成分をほとんど含有していない梨ですが、美肌作りに効果がないという訳ではありません。
代謝促進効果のあるアスパラギン酸は肌の新陳代謝も促進してくれますし、肌を保湿をする効果あるとされています。たんぱく質の合成に必要な物質でもありますからお肌のハリを整えるのにも有効です。
梨にもカテキンやタンニンなどのポリフェノール類がありますから活性酸素を抑える抗酸化作用も期待できますし、アスパラギン酸の効果と合わせて肌のエイジングケアにも効果が期待できるでしょう。
効果がアップする和梨の食べ合わせ
  • 梨+大根・かぶ・レンコン
    ⇒咳や喉の痛みの緩和効果
  • 梨+ハチミツ・冬瓜・氷砂糖
    ⇒喉を潤す
  • 梨+ウド・大根・レンコン
    ⇒二日酔いの解消
  • 梨+肉類(デザートとして食べても可)
    ⇒消化促進
梨の調理ポイント・注意

体を冷やす性質があるので冷え性の方は砂糖煮にする、体を温める性質のものと合わせてサラダにする、など工夫して食べたほうが良いでしょう。

肉を料理するときに、すりおろした梨にお肉をつけて10分ほど置いておくと肉が柔らかくなります。

いかがでしたか?

今が旬の「梨」は意外とたくさんの効果がある果物であると改めてわかりました。

皆様も「梨」をおいしく食べて、健康になりましょう!