青汁がベスト!野菜不足を解消をしてくれる青汁の効能とは?

シェアする

皆様 今日もビンビンですか? 「青汁」 って身体にいいから飲む人も多いと思いますが、ではどんな効果があるのか・・・詳しいことまとめました。 「青汁効果効能研究所」の記事引用してご紹介します。

スポンサーリンク

野菜不足を解消するために野菜を食べようとしたら・・・実はなかなか大変ですね。

青汁って何?

青汁とは青い葉っぱ、青菜の類を原料とした飲み物です。 伝統的な青汁は、「ケール」を主原料としており、最近になって飲みやすさを追求していくメーカーが増えてきた過程で「大麦若葉」「明日葉」といった主原料も用いられるようになりました。

なぜ、青汁が人気があるの?
青汁は1日の野菜不足を解消するのにベスト!

最近では健康志向の方が増えてきています。ランニングやマラソンブーム、健康食品などの人気など色々な方が健康への積極的な取り組みをしているはずです。 しかし、野菜不足を解消するために野菜を食べようとしたら・・・実はなかなか大変です。 野菜不足解消には、1日に350gの野菜が必要になります。3食きっちりサラダを多めに摂取するぐらいの分量と言えます。 自炊の方であれば問題なくクリアできるものかもしれませんが、外食や朝食を抜くような生活をしている方にはなかなか継続するのが厳しい数字なのです。

野菜不足を解決するにはうってつけのものが「青汁」なのです。

野菜不足解消のコストも安い

前述した通りで1日に350gの野菜が必要な場合 3食サラダを購入したとしたら、ものにもよりますが、1日1,000円ぐらいの費用がかかってしまうと思います。気候変動により野菜の高騰も目立つ昨今ではなおさら野菜の価格というのも重要になってしまうのです。

しかし、青汁であれば1日100円未満の費用で摂取することが可能です。青汁が人気がある理由のひとつとして「野菜不足解消に使う費用がかなり安く済むこと」も大きいのです。コストが安くないと、継続ができず、効果が十分に発揮できないのです。

代表的な青汁の原料3選
大麦若葉

大麦若葉(おおむぎわかば)とは、その名の通り日本人にとっても馴染み深い大麦の若い葉の部分のことを指します。食物繊維や各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキンやクロロフィル、SOD酵素などといった豊富な栄養素を含んでいます。 栄養素の量は生育した環境や製品化の工程により各商品によってバラつきがありますが、食物繊維はキャベツの約15倍カルシウムは牛乳の約10倍葉酸はブロッコリーの約5倍などともいわれるほど栄養たっぷりの野菜です。

ケール

ケール(アブラナ科)はキャベツの一種で、普通のキャベツは結球しますが、ケールは不結球性で、一年中栽培できる生命力の非常に強い緑黄野菜です。ケールは栄養価が非常に高く、特にビタミンAはニンジンの2倍カルシウムは牛乳の2倍以上、その他のビタミン、ミネラル、葉緑素(クロロフィル)、GABA(ギャバ)、食物繊維、葉酸、たんぱく質なども豊富で単一野菜では最高の物といえ、青汁の原料としても最適です。また、ルテインは特にケールに多く含まれています。

明日葉

あしたば(明日葉)から出てくる粘り成分にはカルコンとと呼ばれるフラボノイドが含まれており、これには強い抗酸化作用やがんを抑える作用があるといわれています。また、ほうれん草やあのケール以上にβカロチンが非常に多く含まれています。βカロチンは抗発ガン作用や動脈硬化の予防で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。食物繊維はなんとほうれん草やケールのほぼ2倍も含んでおり、シミ・そばかす対策にも効果的に食物繊維を摂れます。

青汁の効果効能
便秘解消効果

便秘の主な原因は「食物繊維」が不足することです。 青汁には「食物繊維」が豊富に含まれているため、便秘に悩まされている方が「青汁を飲むことで自然と便秘が解消した」という声が多くあるのです。 青汁には「食物繊維」だけでなく、ビタミンも豊富なので腸内の栄養をきちんと吸収しながら、便秘を解消する効果が期待できるのです。 また、水に溶けにくい不溶性の食物繊維が豊富なので、腸内で貯まることで便意を促してくれるのです。

アンチエイジング効果

青汁には「メラトニン」という成分が含まれています。 「メラトニン」には身体を錆び付かせてしまう「活性酸素」の働きを阻害してくれる作用があるのです。 老化というのは、肌細胞を酸化させてしまう「活性酸素」によって引き起こされてしまうものです。そのため、「メラトニン」が含まれている青汁には若返り、アンチエイジングの効果が期待できるのです。 青汁には「メラトニン」だけでなく、美白作用がある「ビタミンC」、活性酸素を除去する「ビタミンE」、肌に潤いを保つ「ビタミンA」、など美容効果が高い成分も豊富に含まれているため、「メラトニン」と同時に摂取することでさらにアンチエイジング効果がアップするのです。「メラトニン」はケールを原材料とした青汁に多く含まれます。

不眠症改善効果

青汁に含まれている「メラトニン」には前述したアンチエイジング効果だけでなく、不眠症改善の効果もあるのです。 本来、「メラトニン」というのは脳から分泌される睡眠のために必要な睡眠ホルモンで、「メラトニン」は脈拍・体温・血圧を低下させることで眠りの準備を整えてくれる役割があります。食生活が不規則であったり、日光に当たる時間が短かったり、生活習慣のリズムが崩れたりすると、この「メラトニン」の分泌が少なくなってしまうのです。 「メラトニン」そのものを摂取できる青汁は不眠症改善に効果が期待できるのです。「メラトニン」はケールを原材料とした青汁に多く含まれます。

ダイエット効果

青汁の中でも、「明日葉」や「桑の葉」を原材料としている青汁には「カルコン」という成分が含まれています。 「カルコン」という成分は、下半身につきやすいセルライト脂肪を溶かす作用があり、同時に「カリウム」という成分が利尿効果も促進するため、むくみ解消とダイエット効果が同時に期待できるのです。 「桑の葉」を原材料としている青汁には1-デオキシノジリマイシン(DNJ)という脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるため、ダイエットに効果的と言われるのです。

冷え性改善効果

青汁は「カリウム」が含まれているため、一時的に体温が下がってしまう現象が起こります。 しかし、これはあくまでも一時的なもので野菜の「酵素」が大量に含まれていることにより、身体の代謝機能がアップします。 代謝が上がるということは、脂肪や糖を燃焼してエネルギーに変える効率が良くなるということなので、身体全体の体温も上がりやすくなるのです。

コレステロール低下

青汁には「食物繊維」が豊富に含まれています。 「食物繊維」は腸内の段階で余分なコレステロールを体外に排出してくれるはたらいがあります。 また、同時に「活性酸素」の働きを阻害してくれる「メラトニン」という成分を青汁は含んでいるため、悪玉コレステロールが酸化することを防いでくれるのです。 悪玉コレステロールによる動脈効果などを防ぐ働きもあるのです。

ストレス解消

青汁には「ギャバ」も豊富に含まれています。 「ギャバ」はチョコレートなどに含まれるものとして認知されていますが、野菜にも豊富に含まれているのです。 「ギャバ」は、神経伝達物質の一種であり、ストレスをやわらげて、興奮した神経を落ち着かせてくれる作用があるのです。 ストレスが貯まって、イライラしやすい方などにも青汁は効果が期待できるのです。

青汁を飲む効果的なタイミングとは
栄養補給が目的の場合

朝起きてすぐがオススメです。睡眠中の身体は思っている以上に汗をかいたりエネルギーを消費しているため、目覚めたばかりの身体は栄養をとても吸収しやすい状態となっています。そのため、このタイミングに青汁を飲むと体内に野菜の栄養素が行き渡りやすいのです。 ただし、空腹時に冷たい飲みものを摂ると胃に負担がかかります。冷たい場合は少量を口の中でなじませるようにして、時間をかけてゆっくり飲みましょう。

ダイエットが目的の場合

食事前に飲むのオススメです。食前の空腹時に食物繊維が豊富な青汁を飲むことで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐことができます。さらに血糖値の上昇もゆるやかになるため、GI値(体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計った数値)が低い食べ物を摂った時と同じような状態を作ることが可能と言われています。

便秘を解消したい場合

就寝前に飲むのがオススメです。ただし青汁には食物繊維が含まれているため、消化のために腸が動いてしまいます。腸の動きが気になって眠れなくなったり、時には気分が悪くなる場合もあるので注意が必要です。睡眠に影響が出る場合は、飲む時間帯をずらしてください。

青汁のオススメの飲み方
相性抜群!青汁と牛乳の関係

牛乳にはカルシウムを始め、3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれているため、まさに“栄養素の宝庫”と言っても過言ではありません。これに青汁を組み合わせることで野菜の栄養素も加わり、より栄養豊富な飲み物にすることができるのです。 また、組み合わせることで抹茶ミルクのように上品でさわやかな風味に仕上がるため、飲みやすさも抜群です。青汁特有の苦味や青臭さが緩和されるので、小さなお子さんにもオススメです。

青汁×牛乳でカルシウムの吸収率がアップ

青汁と牛乳を合わせることで、健康的な骨や歯のために必要なカルシウムの吸収率をより高めることが可能です。 乳製品のカルシウム吸収率は50%と他の食べ物に比べて高いのですが、それは牛乳に含まれる乳糖(牛乳に含まれる糖分)とカゼイン(牛乳に含まれるタンパク質)の働きによるものです。 牛乳のカルシウム含有量は227mg (200mlあたり)と優秀ですが、青汁も負けていません。例えばケールは220mg、大麦若葉には500mg、桑の葉に至っては2000mg超え(粉末100gあたり。) このように牛乳と青汁を組み合わせることで、各々に含まれる豊富なカルシウムを牛乳がもつ高い吸収率で体内にしっかり届けることができるのです。

青汁のデメリット

実は青汁は身体にいいけど、飲んだらダメな人もいるんです。 それは、腎臓に欠陥があるという人や、人工透析を受けている方は要注意です。症状を悪化させてしまう場合があります。 たとえば、カリウムですが、これはミネラルに変わる成分です。普通は体内にたまった毒素を取り込み排出してくれるので、生命の維持のためにも欠かせません。ところが腎臓が弱っていると、カリウムを吐き出す力も弱くなっており、体内にどんどん蓄積していきます。 そして嘔吐やしびれ、不整脈、血圧の低下といった、ありがたくない副作用を引き起こしやすくなります。また不妊治療を受けている方も、控えた方が懸命です。その他飲みすぎると、吐き気や下痢、発疹、便秘、アレルギーなどの症状を引き起こす場合もありますので、注意しましょう。   いかがでしたでしょうか? お財布にも結構やさしい「青汁」は欠かせない飲み物ですね♪ 皆様も牛乳と一緒に飲んでみては?

コメントの入力は終了しました。