今が旬!「イワシ」にまさかあの効果があるとは⁉

シェアする

今が旬の「イワシ」。言わずと知れた大衆魚の代表格ですね。

昔から刺身や酢の物、煮つけ、塩焼きなどにして庶民の食卓に並んできました。

世界でも食べられていて、オイルサーディンやアンチョビなどの加工品も多いです。

「7度洗えば鯛の味」といわれるように美味しい魚ですが、匂いやクセが強いので、刺し身や煮つけにはショウガなどの薬味が欠かせませんね。

今回は、そんなイワシの健康効果について、たっぷりお伝えしていきます。食べないともったいない!と思えそうな、優れた効果効能が満載ですよ。

イワシのすごい力を知って、ぜひとも毎日の食事に取り入れてみて下さいね。

スポンサーリンク

イワシってどんなお魚?

イワシの種類

青魚の代表格であるイワシは、海の中を群れで泳ぐ回遊魚です。漁師さんが、キラキラ輝く大量のイワシを網で獲っている映像を見たことがある方も、きっと多いですよね。

世界中の海には、「イワシ」と名の付くお魚はたくさんいます。でも、日本で一般的にイワシと呼ばれているお魚は、

  • マイワシ
  • ウルメイワシ
  • カタクチイワシ

の3種類です。

日本人にはお馴染みのイワシですが、細かく分けるとこんな種類があったのですね。

いわしは栄養価が高い上に、ヘルシーな食品として健康効果が注目されている食材

いわしには、歯や骨の素となり骨粗鬆症を防ぐカルシウムと、そのカルシウムの吸収を助けるビタミンDが両方含まれており、成長期の子供や中高年の方にお勧めである。

また、細胞を再生したり健康な皮膚や髪をつくるのに必要なビタミンB2も多く含まれている。

さらに、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸が、青背の魚の中で最も多く含まれている。これらは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きや、脳の働きを良くしたり老化防止に役立つなど、主に生活習慣病(成人病)の予防効果がある。

加えて、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリン、貧血を予防する鉄分、その他に亜鉛やカリウムなども豊富で、栄養的に非常に優秀な魚である。

J-medical より引用

DHAがよいと言われる理由
DHAは、脳に運ばれる栄養素のひとつ。 情報は脳の中で、神経細胞から別の細胞へと、シナプスという接合部分を通って運ばれています。DHAは情報伝達に重要なこの接合部分のシナプスなどの原料となり、脳細胞を活性化して、その能力を向上させていると考えられています。

どんな栄養素が脳に運ばれるか?
ブドウ糖/アミノ酸/タンパク質/コレステロールなどがあります。
さらにDHAは目にも効果あり『脳の神経細胞を高めるのと同じように視神経の細胞の活性を高める。』と言われています。

端的に言うと「視力がアップされている」ただし、あくまでも網膜や視神経の神経伝達が良くなって視力が良くなるということです。
例えば、近視の場合、水晶体を凹凸する筋肉が弱り、画像のピントを網膜に合わせることができなくなって起こるものですが、この大元の原因を改善するというものではありません。網膜に映った映像を判断する能力が上がるということです。

イワシが薄毛に良いとされる理由とは?

そもそも、イワシ(鰯)が薄毛対策に良いらしいと言われるようになった理由は、イワシという魚に含まれる栄養成分にありますが、中でも注目されている成分が「メチオニン」や「亜鉛」です。

特にメチオニンは健康な毛髪を作る重要な役割の一端を担っており、このメチオニンが体内で不足すると薄毛や抜け毛の原因になると考えられています。


さらなるパワーはタンパク質に潜んでいる

 イワシの新成分“高血圧を改善する”イワシペプチド

イワシペプチドとは…
イワシの身の部分から抽出される物質(酵素)でタンパク質の中に含まれてします。高めの血圧を抑制する効果があります。
イワシペプチドとはアミノ酸が2つ繋がったもののことです。一般にペプチドとは、アミノ酸がつながったもののことを指しています。  

『イワシペプチドを2g含むドリンクを1日2回、4週間連続で飲んでいただいたところ、1週間目でその効果が出てきて、1ヶ月間ずっと血圧が低い状態が続いた。血圧値自体は、正常値とほとんど変わらない状態となった』

これはどうしてか?
イワシペプチドの血圧抑制作用、酵素アンジオテンシン1が、アンジオテンシン2に変わると血圧を上げる働きが出てきます 。その変化をさせるのがACE酵素(アンジオテンシン1変換酵素)。
高血圧は脳卒中などの様々な病気を引き起こす怖い症状です。
イワシペプチドを摂取すれば、ACE酵素の活動を阻止してくれるので血圧も安定します。
高血圧予防には1日にマイワシ1尾(100~150g)でOK!

イワシペプチドは、加熱で更にパワーアップ!!]

『(イワシペプチドが)血圧を下げる力は、加熱する事によって約2倍ほど増強される』

イワシペプチドは加熱で活性が上がります。もちろん失われることはありません。
加熱されるとイワシペプチドが分解され、ACE酵素が食べることができる部分が増えます。

「イワシペプチドは加熱して摂取‼」
「イワシペプチドパワー倍増!」

缶詰にだって豊富な栄養が・・・

イワシや鯖、サンマなどは体に良いとされていますが、缶詰でも同じ効果や効能がありますか?
缶詰ですと、調味料の油(脂?)が多く感じられるのですが・・。缶詰の油を抜いた調理とかってありますか?

DHAやEPAは調理による損失が少ない栄養なので缶詰めにしても栄養分は落ちません。
汁などにも溶けだしてるので捨てずに全て使う事をお勧めします。

おすすめはオイルサーディン

栄養価と美肌力が高く、価格はお手頃。そんなイワシですが、購入したらなるべくその日のうちに調理して食べなければならないというところが忙しい女性には少し扱い辛いポイントかもしれません。そこで注目したいのがオイルサーディン、そう、イワシの缶詰です。

イワシの缶詰ならば、保存がきく上に簡単に調理が出来て、更に栄養価もしっかり。カルシウムやビタミンB群も豊富なので、うまく使うことでスマートに美肌生活を送ることができます。

簡単&栄養たっぷりオイルサーディン丼

焦がし醤油で♪ オイルサーディン丼

いわしの旨みが溶け込んだオイルと、
焦がし醤油が美味♪
アボカドとトマト、青魚成分が混然一体となって女子力UP丼♡

材料 (2人分))

オイルサーディン  1缶
ミニトマト     5個
アボガド      1個
醤油        大さじ1
刻み海苔      適量
ご飯        丼2杯分
■ トッピング
レモン汁       小さじ1
糸唐辛子・七味唐辛子 各少々
作り方
1、ミニトマトは2等分、アボカドは2つ割りにし、種を取る。後でスプーンでくり抜きながら、加えるので、皮はむかなくていい。
2、フライパンにオイルサーディンを缶汁ごとあけ、中火にかける。
3、ぐつぐつ煮立ち、香ばしく焼けてきたら、醤油をまわしかけ、軽く焦が        し、弱火にする。
4、トマト、アボカドも一口大にスプーンでくり抜きながら加える。フライパ     ンを軽くゆすって、たれを絡ませたら、出来上がり♪
5、器にご飯を盛り、
刻み海苔を敷く。
4をのせ、レモン汁をふりかけ、糸唐辛子、七味唐辛子をのせる。
6、アボカドとトマトは火を通さず、生のまま丼に盛り、オイルサーディンを後のせし、たれを回しかけても、美味♪
クックパッドより引用

非常食にもなるイワシの缶詰。簡単ヘルシーに食事を済ませたい時に上手に使えば美肌力もぐんと高まるかも?