じつは葉の方が栄養たっぷり!今が旬の「かぶ」胃腸薬としても抜群の効果

シェアする

お漬物になったり、スープの具になっていたり、メインにはあまりならないけれど・・・・・料理に入っていると、 おっ!という気持ちになる野菜「かぶ」。

では、このかぶの旬はいつのなのでしょう?  今なんです!
葉も、実も食べられるけれども 栄養素も、違うのでしょうか。

あまり存在感のない食べ物ですが、 そう言われるとちょっと気になりませんか?

そんな脇役、かぶの栄養について紹介します。

スポンサーリンク

かぶは根と葉で栄養がちがう

かぶは、葉と根で栄養成分が異なる食材です。

かぶの葉

葉には、ビタミンAを含み、皮膚や粘膜を守る働きや免疫力を強化する働きがあります。

他にビタミンB1ビタミンB2を含み、糖質や脂質の代謝を高め、ビタミンCの働きで美肌効果ビタミンAとの相乗効果で高い抗酸化力が期待できます。

さらに、カルシウム・鉄を含んでいて、骨の強化や貧血予防に効果があります。

食物繊維も豊富なので腸内の環境を整えて、コレステロールなどを排出する働きがあります。

かぶの根

炭水化物の消化を助ける働きや、デンプンの分解を助ける酵素ジアスターゼが豊富です。

生のままで食べると、食べすぎや胸やけなどに効果があります

煮物にすると胃を温め、冷えから起こる腹痛予防や、少量ではあるもののビタミンCを含んでいるので風邪予防などにも働きます。

根は淡色野菜で、ビタミンCを多く含み、でんぷん消化酵素のアミラーゼを含んでいます。アミラーゼは、胸やけや食べ過ぎの不快感を取り除く作用や整腸作用があります。

実は、白い根の部分よりも葉の部分に豊富な栄養が集まっています。
大根に似た感じですね。
効果をまとめるとこんな感じですね。
  • 便秘・むくみの解消
  • 美肌・アンチエイジング
  • 貧血の改善
  • 冷え性解消
  • 風邪の予防・風邪のひき始め
  • 消化の促進(胃腸の回復)
かぶに含まれる栄養が不足するとどうなる?

下記の栄養素が不足すると、体の各部に以下のような症状が出るようになります。

  • アミラーゼ不足:胃もたれ・胸やけ
  • カルシウム不足:骨粗しょう症
  • ビタミンA不足:免疫力低下・夜盲症
  • 鉄不足:貧血
  • 食物繊維不足:便秘
その他にもうれしい効果がたくさん!

かぶは胃腸を温め、冷えからくる腹痛を抑える効果があるといわれており、昔から胃腸薬として知られていました。

また、解毒作用を持っていて、葉と根を混ぜて抽出した汁を患部に塗布すると、虫刺され、あかぎれ、しもやけなどに効果があります。

葉と根の両方に含まれている辛み成分「グルコシアネート」は発がん物質を解毒し、活性酸素を取り除く働きがあるといわれているので、アンチエイジング効果が期待できます。

かぶのおすすめの食べ方

根は生食がおすすめ

かぶの根を食べるときは生食がおすすめです。サラダや和え物にすると良いでしょう。

生で食べれば熱に弱いビタミンCを上手に摂取できます。また、弱った胃や食べ過ぎ、胸やけに効果があるといわれています。大根のようにおろして食べれば、食化促進の働きが期待できます。

塩でもんだり、酢につけたりすると、酵素の効果が減ります。即席漬けも塩を薄めにし、あまり強くもまないようにしましょう。
かぶの根は火が通りやすく味が染み込みやすいのですが、その分煮崩れしやすいです。加熱する場合は短時間で調理しましょう。
葉は様々な食べ方ができる

葉はアクが少なく、サッと炒めたり、湯通ししたものを根と一緒にサラダや和え物、煮物、炒め物など様々な食べ方ができます。

かぶの葉は、油炒めにするとカロテンが効果的に摂れます。
その他の食べ方

かぶはジュースにして飲むと、吹き出物や腫れ物に効果を発揮します。また、おろして絞った汁を飲むと声枯れにも有効です。

かぶの根をゆでるときに米の研ぎ汁か米粒を入れると、白くきれいに茹であがって旨みも増します。

組み合わせると効果的な食材

ご飯(米)

かぶにはでんぷんを分解する消化酵素「アミラーゼ」が含まれているので、ご飯と一緒に食べると消化吸収を助けてくれます。胃腸の弱い方や、二日酔いなどで胃の調子が悪いときにおすすめの食べ合わせです。

インゲン

インゲンには胃腸を丈夫する効果や疲労回復効果があるといわれています。かぶには内臓の働きを良くし、胃もたれや胸やけを防ぐ効果があるとされているので「かぶとインゲンの煮びたし」にすると良いでしょう。

ビタミンDを含む干し椎茸や青魚と食べ合わせると、カルシウムの吸収も高まります。

上手な選び方

かぶは、光沢があって実が丸く、硬くしまっているものを選びましょう。葉がみずみずしく色鮮やかなもの、葉の付け根がきれいなものを選ぶと良いです。

葉にキズなどがあるものや、ひび割れているものは避けるようにします。

おすすめの保存方法

かぶは葉がついている状態だと水分が蒸発します。そのため、保存するときは葉と根を切り分けるようにします。

葉は濡らした新聞紙などに包み、冷蔵庫に入れて早めに食べるようにします。根はビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存すれば4~5日は持ちます。

かぶの旬な時期はいつ?種類はどれくらいるの?

かぶの旬

かぶの旬は二期あり、
3月~5月(春)と10月~11月(秋)とされています。

に収穫されるかぶは柔らかさが特徴的ですが、の肌寒い季節だと一段と甘さが詰まったものに仕上がります。

季節を問わず色々な野菜を食べることができる世の中になってきましたが、やはり旬の時期に採れたものは栄養価も高く自然なうまみがあります。

かぶの種類

大きく分けるとヨーロッパ型アジア型とに分けられ、

主に東日本では耐寒性のあるヨーロッパ型の小ぶりな赤いかぶ

そして西日本ではアジア型の中ぐらいから大きなものまでの白いかぶが主流です。

小かぶ

葉っぱのほうが存在感があるほど実は小ぶりになります。

全国のスーパーで最もよくあるものです。

聖護院かぶら/大かぶ

大人の片手でもはみ出すほどの大きさが特徴的です。

主に千枚漬けとして食されます。

赤かぶ/万木(ゆるぎ)かぶ

表面だけが赤いものや中身まで赤いものもあります。赤い見た目であることから煮物より漬物などになります。

片平あかねかぶ/飛鳥あかねかぶ

細長い大根に似た形をしています。

コリコリとしっかりとした歯ごたえがあり苦味も少なく優しい甘さが好評です。

 

じつは妊婦にもおすすめ!

「造血のビタミン」と呼ばれる葉酸は、まだまだ人の形にならない胎芽と呼ばれる
時期の赤ちゃんの成長に、必要不可欠な栄養素です。

産院からも妊娠初期は特に葉酸を意識して摂取するように言われます。

成人女性でも1日240μgの摂取を推奨されていますが、妊婦さんはさらに多めの480μg(0.4mg)を推奨されています。

ほうれん草で1束、アスパラガスなら16本分です。

生のかぶの葉ですと100gで110μgの摂取が可能!

他の葉酸の多い野菜と合わせて食べれば、飽きずに毎日摂取することが出来ると言えます。

胎児がしっかりと成長していく為にも葉酸を多く含む かぶなどを積極的に食べるようにしましょう。