知らなきゃ損!ダイエットと美肌に良い大根の「最強の食べ方」

シェアする

冬野菜で欠かせない大根。おでんに欠かせない素材です。 大根は日持ちもするし身体を温める食材として重宝されています。 大根に含まれる栄養素はビタミンCなど 豊富に含まれています。

また、昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から体に良く薬効があるとされています。

スポンサーリンク

大根の栄養と効果

①胃腸にやさしい
大根には、胃腸の機能を高める消化酵素ジアスターゼが含まれており、疲れ気味で胃もたれや胸やけが起こりやすい方に適しています。
また、大根特有の辛み成分であるイソチオシアネートという物質は、ほろ苦いのですが抗がん作用が期待され、胃液の分泌を促進させる作用があるので非常にオススメです。

②便秘
大根に含まれている豊富な不溶性食物繊維には、便のカサを増し腸の蠕動運動を促すという排便促進効果があるため、便秘がちな人や吹き出物がでやすい人にも効果が期待できます。

③むくみ
大根には、余分なナトリウムを体外へ排泄させるカリウムも含まれているので、むくみやすい方にも適しています。

④エイジングケア
抗酸化作用のあるリグニンは、酸化防止作用があるため、アンチエイジングにも役立ちます。

⑤シワ・シミ
大根の根や葉の部分には、コラーゲンの生成にかかすことのできないビタミンCが多く含まれています。このビタミンCは、皮膚の健康を維持する働きや抗酸化作用があり、シミやシワの予防、肌にハリを与える栄養素としてしられています。

また、ビタミンCには、免疫作用や抗ストレス作用もあるため、風邪の予防やストレスが多い生活を送りがちな方にもオススメの食材です。

大根の葉には、皮膚や粘膜を保護するビタミンAや、糖質をエネルギーに換えるビタミンB1、肌荒れを予防するB2、骨粗しょう症を防ぐカルシウムや貧血を改善する鉄分などが含まれています。

食べ方の工夫で美肌効果アップ!

大根に含まれる消化酵素やビタミンCは、いずれも熱に弱い性質をもっているため、一番オススメの食べ方はなんといってもひと手間を加えた大根のすりおろしです。しかし、大根をすりおろした場合、約2時間後にはビタミンCの成分が半減してしまうデータもありますので、早めに食べるようにしましょう。

また、乾燥させた切干大根の場合、栄養価がさらにアップすることがしられています。特にビタミンB群やカルシウムは生の大根の約10倍、鉄分は約30倍もあるそうですので、ぜひ、取り入れてみてください。

皮ごと大根おろしにするのが最高の調理法!

大根が炎症に効果的であると言われる理由は、3種の酵素たちが体の中に入ることでイソチアシオネートという薬効成分に変わり、それが胃炎など、炎症に効いてくれるのです。

根などの他根菜類は皮を剥きとって食べる習慣があります。しかし、どちらも皮と身の間が一番栄養価が高いのです。大根の場合は、そこにビタミンCが大量に含まれているので絶対に剥いてはいけません。

大根おろしにするメリットその①『酵素』

生の大根には酵素が豊富に含まれています。
アミラーゼ(デンプン分解酵素)、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)などがあり、生食することで消化を助ける力を発揮します。

酵素は熱に弱く、50℃前後の温度で失活してしまうので、効果的に摂るなら加熱をせず生で食べる必要があります。

揚げ物、青魚などの油っこい食べ物に大根おろしを添えるのも、実は理にかなった食べ方だったのです。さっぱりと食べられるだけでなく酵素パワーで消化を促す効果が得られます。

大根おろしにするメリットその②『辛み成分』

大根をすりおろすことで生まれる辛み成分「イソチオシアネート
ツーンと来る香りの元の成分で、わさびにも含まれています。

大根以外の野菜なら、キャベツやブロッコリーや白菜、カブ、高菜などアブラナ科の野菜に多く含まれています。
これら辛みをほとんど感じない野菜の場合は、グルコシノレートという配糖体の形で含まれており、体内でイソチオシアネートに変わります。

大根のイソチオシアネートを最も効率よく摂るには、大根の先端部分を皮ごとすりおろして15分以内に食べるということになります。

起床直後に大根おろしを食べるのがオススメ!

身体が目覚めても、内臓はまだ眠っているのが朝。内臓をゆっくりと起こし、前日食べたものを排泄するためにも、朝に大根おろしを食べるのもオススメ。

効果的な食べ方は、まず白湯を軽く1杯飲み、それから醤油を少し垂らした大根おろしを食べましょう。大根の皮に含まれているビタミンCが壊れてしまうので、面倒でも必ず食べる直前にすりおろしましょう。大根おろし用の大根は5センチもあれば十分です。

大根おろしを加熱してしまう?

残念ながら、大根おろしは加熱してしまうと、ビタミンCや酵素、抗菌成分は失われてしまいます。

いかがでしたか?

今回は「大根」の栄養効果について書いてきました。まさか大根おろしにしたときに特有の栄養素が出ていたなんて知りませんでした。

皆様も大根を食べるときはぜ大根おろしにして食べてみてくださいね~。