朝1杯のニンジンジュースで驚愕の効果が手に入ります!

シェアする

ウォーキングや健康に気を使った食生活等、年齢を増す毎に様々なケアをしている方多いですよね。

そこで注目したいのが、ニンジンジュースの素晴らしい効果です。

健康に良いという事で飲まれている方も多いと思いますが、なんとダイエットにも効果を発揮してくれるそうです。

今回は、秋から冬の人参は甘みを増す今が旬の「にんじん」に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

人間が必要とするビタミン&ミネラルを全て含む!

人参は人間が必要とする栄養素をほとんど含んでいます。 なんと、ビタミン類が約30種、ミネラル類が約100種のほか、多数のファイトケミカルが含まれています。中でも人参が特に優れているのは、緑黄色野菜の特徴であるβカロテンが多いことです。

βカロテン豊富!

人参のカロテンをビタミンAに換算すると、100g中4100IUもあり 、これは1日の成人男子の必要量の2倍以上です。

βカロテンの最大の効能は「抗酸化作用」「抗発ガン作用」に優れていることです。喫煙者や大酒飲みの人の血中にβカロテン量は少ないほか、ガン患者の血液中のβカロテンは健康な人よりも低く、そうした患者でもβカロテン摂取を多くするとガンが縮小し、白血球の活性が増す効果・効能も報告されています。

体を温める

漢方でも「人参は血を補う」と言われるように、人参には血液を増やして貧血を改善し、体を温める効果・効能があります。このため、更年期障害生理不順生理痛などの婦人病や腰痛偏頭痛などの痛みのほか、アレルギー性の病気など冷えが主因で起こる病気に効くと言われています。

体温が1度でも低下すると免疫力が30%低下すると言われているので人参は「万病の妙薬」とも言えそうです。

有用な腸内細菌を育てる

腸の中には100種類、100兆個の細菌が住み着いていますが、腸内の環境を整えたり、ビタミンB1、B2、B6、B12、E、Kや葉酸を合成したり、腸内の免疫細胞を活発化させて免疫物質の合成を促すなど健康増進に役立つのが「善玉菌」です。この善玉菌を増殖させるためには食物繊維と乳酸菌発育因子の摂取が必要ですが、この乳酸菌発育因子は人参ジュースの中に多く含まれています。

加齢と共に悪玉菌の占める割合が増えるため、「老人の便は臭い」と言われていますが、人参ジュースを飲み始めると「便が臭くなくなった」と言う効果が出る人が多いのも納得です。

美白・美肌効果がある

参に多く含まれているβカロテンは体内でビタミンA(レチノール)に変わることで皮膚の細胞の成長を助け肌の修復が早くなります。

体内で変換したビタミンAは皮膚の免疫力をアップしたり皮脂の分泌が正常になったり肌に保湿成分や水分を蓄積できるので肌に潤いと柔らかさを出しやすいです。

βカロチンは、抗酸化作用もあるので、カロテンが紫外線による肌の老化シミや色素沈着シワ改善にも効果・効能があるのです。

ですので人参ジュースを飲み続けていると知らない間にシミが薄くなり、シワも改善され、お肌ツルツルの美肌になると言う訳です。

ニンジンジュースは、様々な健康へも導いてくれます

人参に含まれている豊富なビタミンやミネラルは、私達の食生活に不足しがちな栄養素です。

ビタミンやミネラルが不足してしまうと、あらゆる病気を引き起こしてしまうと言われています。

ニンジンジュース摂取と言えば、ガン患者の方が飲み始めるという事で有名だと思います。

私の知り合いにも複数飲んでいた方が居ましたが、それがどれだけの効果なのかは、実際には解りません。

ニンジンジュースにより改善したという声があがっている症状などは

・高脂血症

・高血圧

・肝脂肪

・コレステロール値

・中性脂肪

・尿酸値

等が改善された、という声もあります。

ニンジンジュースの朝食は、何故痩せるの?

人参には、栄養素がタップリ含まれています。

・ビタミン

・ミネラル

・食物繊維

・βカロテン

等、豊富な栄養素が満載です。

このような栄養素を朝食に摂取する事で、朝に必要な栄養素を確実に体に与える事は出来ます。

更に、ブドウ糖や果糖で、必要なエネルギーを摂取する事が出来ます。

また、朝からっぽの胃に人参ジュースを入れることで、胃腸の動きが活発になり、デトックス効果が上がります。

ミキサーで作ったジュースなら、腹持ちもするので朝食代わりにピッタリです。

レモンをちょっと入れる理由

答えは、にんじんの中にビタミンCを破壊する酵素が含まれるためです。

にんじんにはアスコルビナーゼというビタミンCを破壊する酵素が含まれています。とても元気な酵素でにんじん自身のビタミンCだけでなく、いっしょに調理した他の野菜のビタミンCも破壊します。すりおろしたりジュースにすると、アスコルビナーゼの活性度がより高くなるます。

アスコルビナーゼは熱と酸に弱いので、ゆでたり、炒めたり、酢を少し加えることでビタミンCの破壊作用はなくなります。ジュースを作る時はアスコルビナーゼの働きを抑えるためにレモンや甘夏、ゆずなどのかんきつ類を加えましょう。味や香りもよくなってジュースが飲みやすくなる働きもあります。

手つくり人参ジュースにはレモンを一緒にどうぞ。

こんな方におススメ!

ヘビースモーカーの方

タバコはやめられないけれど、肺ガンや病気が心配…。そんな方に強い味方なのが、にんじんに多く含まれているカロチン(ビタミンA)。血液中のカロチンの量が増加すると、その分ガン発生率が低くなります。特に、肺ガン、すい臓ガン等の喫煙に関するガンや動脈硬化を押さえる効果が知られています。

肌あれが気になる方

ビタミンAには、皮膚の角質化を防ぎ潤いを与える効果があり、まさに天然の化粧水。いろいろな化粧品を試したけれど、やっぱりどれも肌に会わないという方はぜひにんじんを食べましょう。

また、ニンジンをすりおろした汁をしもやけに擦り込むように塗ると、痒みを緩和すると言われています。またニンジンとカブをミキサーで潰したものを顔に塗ってパックにすると、肌がツヤツヤになる効果があるそうです。

疲れ目の方

最近、目が乾いて乾いてしょうがないという人はいませんか?実はこれもビタミンA不足が原因の場合が多いんです。ビタミンAには粘膜を強くする働きがあり、不足すると涙がたりなくて目の表面が乾くというわけです。また、夜盲症といって薄暗いところが見えにくい症状もビタミンA不足。目薬を指す前に、まずはにんじんを。ただし、過剰な摂取は頭痛、めまい、悪心などを起こすことがあるのでご注意を。

まとめ

いかがでしたか。

ニンジンジュースの素晴らしい効果は、ダイエットと健康へと導いてくれます。

既に飲まれている方もいると思いますが、市販の出来上がっているニンジンジュースを飲むのではなく、しぼりたてのニンジンジュースを飲むようにしましょう。

どんどんアクティブになり、余計な脂肪もどんどん居なくなってくれます。

女性なら是非摂取すべき、頼もしい飲み物です。

コメントの入力は終了しました。