今が旬の「菜の花」の苦みには女子にうれしいあの効果が!

シェアする

最近スーパーで見かけるようになった「菜の花」。

春の訪れを一気に感じる菜の花は黄色い花が特徴的ですが、野菜の花という意味から、
菜の花と言うようになりました。

そんな綺麗な菜の花は、栄養価の高い、緑黄色野菜です。
花が咲く前の、つぼみの時期に食べる菜の花はおいしく、さらに栄養がたっぷりの嬉しい食材なんです!

これから旬を迎える菜の花には、シミやアンチエイジングに効く、すごい美肌効果があったのです!

今回は菜の花について詳しくご紹介します

スポンサーリンク

栄養がギッシリつまってた!

抜群のビタミン

菜の花には、ビタミンが多く含まれますが、特にビタミンCの含有量は、ホウレンソウの約4倍含まれています。

ビタミンには、抗酸化作用があるので、免疫力が向上し、病気や風邪にかかりにくくするのに効果的です。

そして、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、お肌の乾燥や、美肌に、良いのは有名ですよね。

そこで、ビタミンA群であるβカロチンにも注目です!

βカロチンは、シミ、しわなどの元になる物質をやっつけてくれる効果もあるので、なんと
アンチエイジングにもなるのです。

忘れてはいけないビタミンB群には、葉酸があります!
葉酸は、貧血の方、妊婦の方には赤ちゃんの発育にと大事な栄養素なので、女性は積極的に摂りたいですよね。

そんな葉酸も、野菜界ではトップクラスの含有率です!

栄養素を完全制覇!?

ビタミンの次には、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維、って!栄養素を菜の花だけで、
コンプリートしちゃう勢いですよね!?

カルシウムはもちろん、骨も歯も丈夫になるし、イライラ防止にもなりますよね。

カリウムは、体の中の塩分を外に出してくれる効果があるので、高血圧の予防にもなります。

そして、鉄分は、貧血の予防にも効果的ですし、食物繊維は便秘にも良いのは有名ですよね。

菜の花に含まれる食物繊維は、不溶性なので、便のカサを増やしてくれますよ。

辛み成分のイソチオシアネートとは?

イソチオシアネートってなんだか、カタカナが多くて聞き慣れない言葉ですが、とっても、重要な栄養成分なのです。

菜の花の辛み成分であるイソチオシアネートは、アブラナ科の植物に多く含まれていて、なんと抗がん作用が期待されています!

イソチオシアネートは、ガンになる前の異常な細胞が増えるのを抑えたり、発がん性物質の働くのを防ぐ効果があるのです!

辛み成分は元々、虫に食われないための役割でしたが、ガンからも守ってくれているなんて
人間にとっても嬉しい栄養素なんですね。

あと、イソチオシアネートは熱には強いので、茹でたりしても大丈夫ですが、長時間の過熱は栄養素が壊れてしまうのでご注意を。

あの「苦み」にはダイエット効果が!

菜の花の苦味成分であるケンフェロールは、体の中のエネルギーを燃焼する働きを高めて、余分な脂肪を燃焼してくれる効果があるんです!

栄養があって、さらにダイエットにも効果的なんて、すぐにでも買いに行きたいぐらいです。

また、ケンフェロールはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があります。

そのため免疫を高めて風邪やインフルエンザなど、ウィルス性の病気の予防にもなります。

菜の花の美肌効果&デトックス効果

菜の花で便秘解消!

菜の花は、不溶性の食物繊維が豊富で、その含有量は野菜の中でもトップクラス!
不溶性の食物繊維は、保水性や膨張性にすぐれ、便のカサを増してくれて、便秘解消に役立ちます。

便秘は肌荒れの元ですよね(ㆀ˘・з・˘)

菜の花はシミに効く!

シミやシワの大敵は紫外線!

紫外線を浴びることで、一重項酸素が活性化し、これがシミやしわの元となってしまいます。

この一重項酸素を消去するβカロチンの含有量も、菜の花は、野菜の中でトップクラスなんです。

アンチエイジングにも!

アンチエイジングの大敵である活性酸素。

この活性酸素が、ストレスなどでヒドロキシラジカルという一番怖いとされる活性酸素になってしまいます。

このヒドロキシラジカルにも効果を発揮するのが菜の花なのです。

菜の花のおいしい食べかた

美肌や健康にいいとわかっていても、癖もあって苦手な方も多いのでは?
おひたしよりも食べやすい方法がありますよ( ´∀`)

さっと炒めてみよう

菜の花に含まれるβカロチンは、 脂溶性なので、油と一緒に取るのが吸収率がアップしておすすめです。

オリーブオイルとにんにくを入れたフライパンを熱して、香りがたったら、ベーコン・菜の花をさっと入れて炒めましょう。
味付けはお好みで塩コショウを。
ベーコンから味も出ますので、薄味でもOKだと思います。
最後に卵でとじればさらに食べやすくなりますよ。

「菜の花」の選びかた

・つぼみが小さくそろっているものを選びましょう。つぼみが咲いてしまっていると、味が落ちているので、避けた方がよいです
・葉・茎がやわらかく、切り口がみずみずしいものを。
・葉の色は、鮮やかなグリーンのものが新鮮です
・全体的にシャンとしているものを選びます

いかがでしたか?

菜の花にはこんなに栄養がいっぱい詰まっていました。

女子にとってもいいことだらけ。

ちょっと苦味がありますが、旬の菜の花を味わって春を感じてみて下さい♪