意外!1日5粒のマカダミアナッツで手に入る効果とは?

シェアする

最近、美容や健康に良いとされてきているナッツ類ですが、ナッツを食べる人は心臓病での死亡率が約30%減少する研究結果が発表されているそうです。

その中で今回は、「マカダミアナッツ」について迫っていきたいと思いますが、このマカダミアナッツといえば、ハワイのお土産として代表的な「マカダミアナッツチョコ」ですね。

このマカダミアナッツに多く含まれているのが「パルミトレイン酸」です。

実は血液サラサラやアンチエイジングなど、女性にはとても嬉しい効果があるんです。

スポンサーリンク

パルミトレイン酸とは?

マカダミアナッツは、75%が油からできていて、オレイン酸とパルミトレイン酸という成分が含まれているんです。

オレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという効果があり、マカダミアナッツ以外にも様々な食品に含まれているんです。

一方のパルミトレイン酸は、血管を強くする効果や、血液中のコレステロール値を正常化したり、中性脂肪を減らす効果があるんです。また、植物の中でマカダミアナッツにだけ含まれているみたいです。

植物以外では、牛肉の赤身にも含まれていますが、マカダミアナッツの方が100gあたりで言うと、約15倍も多く含まれているんです。

あと驚くべき事実として、パルミトレイン酸って我々人間の肌特に赤ちゃんの肌には、パルミトレイン酸が多く含まれているんです。

しかし、年齢を重ねるごとに徐々に減っていくので、マカダミアナッツを食べて、肌の衰えも防げるんです。

パルミトレイン酸とオレイン酸の効果とは?

肌の修復を助ける

わたしたちの肌にはパルミトレイン酸が含まれていて、加齢とともに失われていきます。
パルミトレイン酸を多く含むマカデミアナッツオイルをマッサージに用いることで、乾燥肌や老化肌に効果を発揮するといわれています。

シワやたるみの改善

皮脂や角質層が正しく働けていない肌は水分が蒸発によって失われてしまい、さらに深く傷ついていくという悪循環に陥ってしまいます。
傷ついた肌は角質層の間に隙間ができ、シワやたるみのもととなっていくのです。
パルミトレイン酸は肌の修復を助け、皮脂や角質層の働きを正常に保つことによってシワやたるみを改善するといわれています。

動脈硬化・高血圧を予防する

パルミトレイン酸は悪玉コレステロールを減少させる効果があり、そのために動脈硬化や高血圧に効果があるといわれています。

脳卒中や心臓病を予防する

パルミトレイン酸は血管内に入ることのできる珍しい脂肪酸で、血管の栄養となります。
脳卒中になる人の血管はやせて細くなってしまっていることが多いのですが、パルミトレイン酸が栄養となり、血管を太く丈夫にすることで、脳卒中や心臓病に効果をもたらしてくれるのです。

胃腸の働きを助ける

マカデミアナッツオイルに含まれるオレイン酸は、胃の調子を整えることで胃酸過多や胃潰瘍を防ぐと言われています。
また、腸のすべりをよくすることで便秘の予防に効果があると言われています。

「バリグー」の記事を引用

こんなにパルミトレイン酸が効果があるなんて知りませんでしたね。

美肌や健康、ダイエットとか女性の人が喜ぶ効果たっぷりですね。

どんな栄養があるの?

マカダミアナッツには炭水化物ビタミンミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。

炭水化物や油脂って太るイメージがありますよね。

マカダミアナッツの油脂は質が良いので太りにくく、炭水化物も過剰にならなければ、身体に適度なエネルギーを与えてくれる効果が期待できるみたいですよ。

マカダミアナッツに含まれるビタミン類の中では、特に豊富なのがビタミンEです。

このビタミンEって、抗酸化作用が高く、アンチエイジングに役立つことが知られています。

他にも脂肪の代謝などにも役立つビタミンB2やB5が豊富で、さらに妊婦さんには特に積極的な摂取が推奨される葉酸なども含まれています。

それから、ミネラルとしてはカルシウムやマグネシウム、カリウムなどがあります。
多種類のミネラルが含まれるため、体内で様々な機能を調整してくれるのです。

効果的な食べ方は?

マカダミアナッツは、ご覧の通り栄養分が豊富で、健康や美容効果が大いに期待できるナッツですね。

でも、比較的カロリーが多いナッツなので、おやつなんかでちょっと補給するって感じで食べるといいみたいですよ。

効果的に食べる方法としては、アンチエイジングに重要な「ビタミンE」と「たんぱく質」を摂取するために、牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。

牛乳にはタンパク質の吸収率を上げる効果があると言われており、ビタミンEが豊富なマカダミアナッツと非常に相性が良いです。

どのくらいの量を食べるといいかというと、1日5粒程度です。

やっぱり食べすぎはダメですよ。

脂分が多いし、カロリーも高いから、まず太りますね。

あとは、肌荒れや腹痛特に下痢が起こりやすいみたいですよ。

いかがでしたでしょうか?

最近は、ナッツ類のなかでも、アーモンドやクルミなんかは、「体にいい」って結構紹介されていますね。

クルミはこちら

アーモンドはこちら

今回はマカダミアナッツを紹介しましたが、あまり耳にすることがない「パルミトレイン酸」も知っていただけたと思います。

身近にあるマカダミアナッツでさらに美肌と健康になれたら良いですね。